ホーム » トピックス » アフリカ支援プロジェクト

アフリカ支援プロジェクト

トレスフットボール契約選手である藤本選手が発起人となり、この度共同でチャリティー企画を行うこととなりました。

お客様にご購入いただきました昇華ユニフォームオリジナルチャリティーウェアの売上の一部を、レッドカップ for AFRICAを通じて、国連WFPのアフリカ地域における学校給食支援に寄付します。

チャリティーウェアのご紹介

この度のチャリティーウェアは、アフリカをイメージしつつ、トレーニングや個サルなど幅広い場面でご着用頂けるデザインとなっています。

ホワイトとブラックの2色展開で、"SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS"のロゴが胸スポンサー風に入っています。

背面にはアフリカのシルエットや、藤本選手の新天地であるジンバブエのショナ語で「未来のために」を意味する"Nokuda kwenguva iri pamberi"もマーキングされており、藤本選手の思いが詰め込まれたチャリティーウェアとなりました。

コットンTシャツのご紹介

トレーニングウェア同様、アフリカをイメージした柄を「HOPE」に採用しました。

アフリカへの希望に思いを馳せながら、普段着としても使用できるデザインに仕上がっています。

ご購入方法

【チャリティーウェア】

Stores.jpよりご注文が可能です。

【価格】

プラクティスシャツ:3,980円(税込)

プラクティスパンツ:2,980円(税込)

コットンTシャツ:1,480円(税込)

【チームオーダー】

3Dシミュレーターよりご注文をお願い致します。

※新規に頂きましたご注文を寄付の対象とさせていただきます。

藤本選手コメント

今シーズンよりジンバブエ1部のYadah FCに所属しています、藤本安之です。

アフリカへ渡ったときに、現地の現状を見てきました。

発展している部分もありますが、まだまだ一部では毎日を暮らすことだけで精一杯という人もいます。

日本では考えられませんが、飢餓や病気で苦しむ人も多くいます。

そんな人たちに何か出来ればと思い、トレス様に協力していただきこのプロジェクトを立ち上げることにしました。

このプロジェクトを通じて、一人でも多くの方にアフリカに目を向けてもらいたいということと、間接的ではありますがウェアを購入することでアフリカへ貢献することが出来るので、たくさんの方にご協力頂けると幸いです。

是非、よろしくお願いします。

レッドカップキャンペーンとは

現在、世界では4人に1人の子供が慢性的栄養不良に陥っています。

レッドカップキャンペーンは、そうした飢餓から子供たちを救うため、国連WFP協会が支援の輪を広げる機会として設けています。

さらに"レッドカップ for AFRICA"は、8月に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を契機とした、横浜市と国連WFP協会の共催事業となっています。

今回ご注文いただきましたお客様には、キャンペーンの限定ロゴステッカーを同梱させていただきます。

この機会にぜひ、遠く離れたアフリカの子供たちの未来について、考えてみてはいかがでしょうか。

皆様のご理解並びにご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。