ホーム » 商品 » オリジナルユニフォームをフルオーダーしてみた!中井選手編①

※クリック・タップで峰さんのページにも飛べます。

中井選手オリジナルのフルオーダーユニフォームができるまで~デザイン編~

販売開始から「かっこいい!」「かわいい!」「欲しい!」と大評判の中井選手・峰さんデザインのフルオーダーユニフォーム。

今回は、それができるまでの裏側を「中井選手編」「峰さん編」に分けてご紹介します。

 

中井さん・峰さんには、実際にTRES FOOTBALLでフルオーダーユニフォームを注文した時と同じ流れでデザイン案作成~完成までをひととおり体験してもらいました。

ぜひ、皆さんがフルオーダーユニフォームを作ろうと思ったときの参考にしてみてください。

1.作りたいデザインを考える

フルオーダーユニフォームのデザインを考える

スカドーラ町田でアラとして活躍する中井選手。この日は練習や試合の合間を縫って、TRESの事務所にお越しいただきました。


さっそく、デザインを絵にしていただきます。今回のユニフォームデザインのコンセプトは何でしょうか?


中井選手「ブラジルリーグのチームユニフォームのイメージで作りたいと思います」


・・・ブラジルのイメージ、ですか?


中井選手「スポンサーロゴが、ユニフォーム中にゴロゴロある感じですね」

デザインは手書きでもOK。(カラーでお作りください)

う答えながら、ロゴの配置を決めていく手は止めない中井選手。


デザイン画をのぞかせてもらうと、おおっ、背面いっぱいにロゴが並べられていますね。しかも上にはTRESのロゴ、下は中井選手のショップURLまで!


これはにぎやかなユニフォームになりそうです。

TRES FOOTBALLフルオーダーユニフォームのポイント

デザインデータは手書きでOK

※jpg、illustratorデータなどをいただけると、より早く正確におつくり出来ます。

イラストは大きい画像&カラーで

※手書きの場合、白黒ではなくカラーでいただけるとより再現しやすくなります。詳細部分も確認できるよう、できるだけ大きなイラストでお送りください。

フルオーダーだからこそ作りたいデザインを再現します!(お客様作品集より)

2.データ化したデザインを確認・調整

手書きのデザインはTRESがデータ化します。細かい修正は何度でも承ります。

描きのザイン画は、スタッフによってデータ化され、細かい調整をしながら、完成へと詰めていきます。


中井選手「ここのロゴをもう少し大きく…」


せっかく(?)なので、自分でロゴの大きさや位置調整にトライしてもらいました。

の作業は細かいけど結構大事!

 

マーキングの大きさや位置によっては、公式戦で使えないという悲劇がおこることもあります。規定に沿ったユニフォーム作成もちゃんとできますので、公式戦で使いたいという場合は一度ご相談ください。

3.サッカー・フットサルは激しく動くスポーツだから…。素材にはこだわります!

ニフォームのデータ化が完了するまでの間、素材をいまいちどチェックしてもらいました。


TRES FOOTBALLのフルオーダーユニフォームに採用されている生地は、「シルキーメッシュ」という素材。高級感のある光沢とシルクのような滑らかな肌触りが特徴です。


せっかくデザインにこだわって作るフルオーダーユニフォームだからこそ、質感や機能性も重視したいポイントですよね。


さらに、縫製も細部まで丁寧に行い、サッカーやフットサルの激しいプレイに耐えうるユニフォームに仕上げています。

TRES FOOTBALLフルオーダーユニフォームのポイント

ユニフォーム素材には質感、機能性の両方を重視した生地を採用


フルオーダーユニフォームの商品詳細ページで素材をチェックする

4.デザインが完成!

いにデザインも決定~!記念にデザイン画とスケッチを手に1枚撮らせていただきました。

 

鮮やかなブルー×イエローの組み合わせは、補色同士で相性バツグン。はっきりとしたコントラストがさわやかで元気な印象を与えてくれます。

背面にはスポンサーロゴを並べて、にぎやかで存在感のあるデザインのユニフォームデザインが完成しました。

 

この「反対色」を使うテクニック、ユニフォームを作りたいみなさんにはとっても参考になると思います!

色がたくさん使えるならとついついカラフルにしがちですが、中井選手のようなカッコイイデザインを作りたいと思うなら、「反対色」や「補色」と「使う色は2~3色」を念頭にデザインしてみてください。

 

さて次回の更新では、完成したユニフォームを着てもらいます。「ユニフォームがほしくなった!」という方は、下のボタンから購入できますので、ぜひご覧ください。